ブログ

2018.06.11アムステルダム訪問

アムステルダム訪問

少し前になりますが、オランダ アムステルダムを訪れる機会がありました。

アムステルダムの中心部は基本的に既存の建物を建て替えることは不可なので、リノベーションが非常に盛んであることを聞いたことがある。

それを確かめるべく、アムステルダムで盛んなレンタルサイクルで自転車を手配してアムテルダムの街中を走りまわってリノベーション中の建物を探しに。

いくつか工事中の建物があったなかで、中も見せてくれたものもあり職人さんと雑談。笑

アムステルダムの中心部の建物はたとえリノベーションであっても、外壁の同系色で塗り直し、外観の雰囲気が以前の建物と変わらないようにしなければならない等、相当法律が厳しいとのこと。

写真では分かりにくいですが、写真の建物は細長い5階建くらいのもので築50年以上は経ってそうです。

それをリノベーションで修復するというのですから職人の技術は高いと思われます。

内装はいかにも西欧諸国を思わせる雰囲気のリノベーション。

日本も京都など景観法等の法律が厳しい場所もありますが、おそらくアムステルダムほど厳しくはないと思われます。

また、法律を厳しくすることにより、建築を自由にすることができる場所の不動産価値が上がるなどのメリットはあると思いますが、

住んでいる人たちにとって有益な法律であるかどうかは聞けなったのが少し残念でしたが、リノベーションが非常に盛んでありことを

目の当たりにすることができことは良かったです。